TOP

長砂が選ぶ!今飲んで欲しいオススメ3本セット

こんにちわ、CRAFT BEER BASEの長砂 孝洋です!
自分は約4年ほど酒屋である本店BASEの店長をさせて頂いております。
BASEにずっといてると1年間にもう数え切れないほどのビールを口にしている生活を過ごしており、毎日の様に知らないビールに出会う刺激のある日々を送っています。

やっぱりクラフトビールはたくさんの種類の中から選べることが出来、すべて追いかけるとキリがないぐらい多種多様なものに溢れているのが1つの楽しみではあります。
そんな中でも自分はこのビールならまた飲みたい、何杯でも飲めるぞと思えるビールを見つけれた時が一番嬉しいしわくわくするんですよね。

お店でもお客様におすすめし一度購入頂いたものを、また敢えて選んでくれた時は本当に嬉しいもんです。
樽生でもお代わりしてくれた方とかも同じく。
めっちゃ好きになってくれたんやなーって思います。(笑)

多種多様な味わいに溢れているクラフトビールですが、そんな中でももう一度飲みたいって思えるビールは本当に正義やと思ってます。

と言う訳で今回選んだ3本は自分の中でもお代わりしたい、また絶対もう一度飲みたいと思えたビールです。

どれか1本でも心に刺さってくれたら嬉しいです。
是非お楽しみください!!

Boatrocker / Saison Du Bateau
Style : Saison
ABV : 6.4%
オーストラリアのBoatrockerが醸造所設立から2年半の時間をかけて仕上げられたこのセゾンは、セゾンの金字塔セゾンデュポンの酵母を使用。
初めてこのビールを飲んだ時に、現地ベルギーのセゾンと遜色ない味わいとすぐに感じました。
ベルギーではなくオーストラリアでこんなビールが出来ることに醸造所の技術の高さを感じたのと、造り手が心底ベルギービールが好きなんだろうなーと思いました。
無濾過のボトルコンディション。洋梨や柑橘の様なエステル、ペッパーの様なスパイシーなキャラクターが心地よいです。
ベルギーのボトル入荷がここ数カ月なかったこともあり、僕はセゾン飲みたい時はこればっかり飲んでいました。それぐらい好きです。(笑)
また個人的に今1番おすすめしたい醸造所もこのオーストラリアのBoatrockerです。あくまで僕の印象なんですが硬派かつ、アグレッシブなビールばかりでどれ飲んでも平均点は超えてくるかと。
是非見つけたらどれでもいいので飲んで見てください。

Vanuxeem / Queue de Charrue Brune
Style : Flanders Red Ale
ABV : 5.4%
オーク樽で1年半熟成させた西フランダース地方の伝統的な醸造方で醸されたレッドエール。
巨峰、マスカット、サクランボの様な芳醇な香りと甘味。丸みのある上品な酸味が癖になります。
あのドゥシャス・デ・ブルゴーニュを造るヴェルハーゲ醸造所により委託醸造されており、実質ヴェルハーゲによるもう一つのフランダースレッドエールです。
いやー最初飲んだ時は本当にびっくりしましたね。僕はドゥシャスよりクー・デ・シャルル派です。是非赤身のお肉やビーフシチューなんかと一緒に楽しんでください。

Brewski / Mangohallonfeber
Style : Fruits Pale Ale
ABV : 5.5%
最近話題のスウェーデン・Brewskiから1本。Brewskiを知っている方のイメージと言うとフルーツやバニラ、乳糖のキャラクターがガッツリ押し出さされたサワーやインペリアルビアが印象的かと思いますが、このMangohallonfeberは意外にも正統派な味わい。
マンゴー、ラズベリーは使用されていますが、ベースはアメリカンペールエール。落ち着いた味わいでゆるゆると飲めます。Brewskiは極端な味わいのビール多いから手が出しにくいって思ってた方は是非これから飲んで見て欲しいです。
実は現地ではちゃんとピルスナーも作ってるそうな。飲みたい。
販売価格 2,300円(内税)
SOLD OUT

Other page

Top